【販売ランキングから分析】作業用LEDヘッドライトの購入時、押さえておくべき6つのポイント。

アイキャッチ

記事内に広告を含みます

こんにちは! まひろでーす。

さて今回は、作業用ヘッドライトの紹介です。

建設現場ではもちろん、防災やアウトドアでのニーズも高まっていますよね。

ヘッドライトって、多くのメーカーが出しており、種類もたくさんありますよね。

「選ぶ時のポイントはどこ?」と、悩んでいませんか?

私もはじめてヘッドライトを選ぶ時、めちゃめちゃ迷いました。

と、いうことで……

「売れているヘッドライトのスペックを調べれば、選ぶポイントがわかる!」

という仮説を立てました。

私は、電材商社で働いていており、電力関係をはじめ、電気工事業者さんのお客様が多くいらっしゃいます。

過去3年間のヘッドライト販売実績を集計し、

1番売れている製品が、最強のヘッドライト!

ということで、販売ランキングを作ってみました。

ランキングを作ってみてわかったことは、

メーカーは「GENTOS(ジェントス)」を選んでおけば間違いなし!

売れている製品は、どのポイントが良くて選ばれるのか?

ヘッドライトを選ぶ際の6つのポイントも紹介します。

この記事を読めば、きっと、あなたにとっての最強のヘッドライトが見つかるはずですよ。

【2020-2022年 販売ランキング】ヘッドライトはジェントスが最強!

ヘッドライトをお探しのあなた、こんなヘッドライトが欲しくないですか?

  • 明るい!
  • 壊れにくい!
  • 軽い!
  • 電池持ちが良い!

早速ですが、販売実績ランキングを作ったので、売れている製品がどのようなスペックになっているのか見ていきましょう。

2020年~2022年までの3年間の販売ランキングです!

※販売金額ではなく、販売数量で調査しています。(当社調べ)

1位2位3位4位5位6位
メーカーGENTOSLED LENSERGENTOSGENTOSGENTOSGENTOS
型式HLP-2103H8RGT-392DHLP-2104HLP2102GH-118RG
HLP-2103H8RGT-392DHLP-2104HLP-2102GH-118RG
最大光束(lm)520600440700400650
点灯時間(h)61088810
重量(g)185158207353221243
評価IP性能64 54 64646466
電源タイプハイブリッド専用電池単3 × 3本ハイブリッド単3 × 3本専用電池
照射距離(m)18715010827118080
【作業用ヘッドライト 販売数量別ランキング】

「ベスト6」で、総販売数のおよそ75%を占めています。

そしてなんと、6分の5が「GENTOS(ジェントス)」製品!

正直、この中のどれかを選んでおけば間違い無いです。

早速、詳しく見ていきましょう。

ヘッドライト購入時の、6つのポイント!

販売ランキングベスト6の、スペックをまとめました。

ヘッドライトの購入の際は、以下の6つのポイントをチェックしましょう。

  • 最大光束   :400~700lm
  • 最大点灯時間 :6~10時間
  • 重量     :200g前後
  • 保護等級   :IP54以上
  • 電源タイプ  :乾電池タイプ、ハイブリッドタイプ(乾電池・専用充電池どちらでも使用可)
  • 照射距離   :平均160m

以上を満たしていると、おすすめのヘルメットと言えそうです。

これを基準として、あとは自分の作業内容に合ったものを選べば良いですね。

例えば……。

もう少し明るさが欲しい!とか、

現場が過酷で、保護等級は譲れない!とかですね。

それでは各項目の説明と、ベスト6の製品のスペック値を見ていきましょう!

「最大光束」は、500lmが基準

光源から放出される光量を表す単位「ルーメン」で比較します。

値が大きい方が、明るいです。

  • 最大値:700lm
  • 最小値:400lm
  • 平均値:550lm

500lm 程度あれば良さそうです。

「最大点灯時間」は、8時間を目安に。

一番強い明るさで、何時間点灯できるかが、最大点灯時間です。

いくら明るくても、点灯時間が持続できなければ、使えないですもんね。

  • 最大値:10時間
  • 最小値: 6時間
  • 平均値: 8時間

8時間あれば問題なし!

明るさを少し落とせば、もっと長持ちします。

「重量」は、200g前後で。

ヘッドライトの重さは、以下の結果でした。

  • 最重量:353g
  • 最軽量:158g
  • 平均値:220g

軽いに越したことはないですよね。

ただ、ヘッドライトを選ぶ際のポイントとしては、重要度がそんなに高くはないのかと思います。

「保護等級」は、IP54あればOK。

電気製品の防塵・防水を表す規格です。

“International Protection”の略になります。

参考までにIP性能の等級表です。

IP規格

例えば、IP64ですと、防塵性能が「6」、防水性能が「4」となります。

ヘッドライトは屋外作業で使う場面も多いと思いですよね。

土埃や急な雨などに対し、壊れにくさを求める場合、IP性能は高い方が良いですよね。

防塵性能は「5」、防水性能は「4」以上は確保したいです。

「電源タイプ」は、おもに3パターン。

電源タイプは以下の3パターンです。

  • 乾電池
  • 専用充電池
  • ハイブリッド(乾電池・専用充電池どちらでも使用できる)

お客様の声として多いのは、

万一の時に、乾電池が使えて欲しい、というのは良く聞きます。

専用充電池のみだと、充電忘れや、充電切れの際に、すぐ使うことができなくなる為ですね。

その点、乾電池仕様であれば、すぐに復帰することが可能です。

  • 乾電池
  • ハイブリッド(乾電池・専用充電池どちらでも使用できる)

上記が、オススメです。

「照射距離」は、平均160m!

照射距離とは、満月時の月光以上の明るさで照らすことができる距離です。

  • 最長距離:271m
  • 最短距離:  80m
  • 平均値 :160m

照射距離が必要かどうかは、作業環境に寄る所が大きいですよね。

夜間屋外作業がある場合は、長い方が良いです。

一方、屋内では、それ程距離が必要ではないかと思います。

続いて、先程の販売実績ランキングのベスト6のスペックを、改めて見ていきましょう!

販売ランキング、ベスト6!

先程紹介した、販売ランキングの1位から6位までを詳しく紹介します!

GENTOS / HLP-2103 オールラウンダー

ヘッドライト
  • 最大光束   :520lm
  • 最大点灯時間 :6時間
  • 重量     :185g
  • 保護等級   :IP64
  • 電源タイプ  :ハイブリッドタイプ(乾電池・専用充電池どちらでも使用可)
  • 照射距離   :187m

4位と5位にも、同シリーズがランクイン。

1位のこの機種は、中クラス帯の製品です。

(4位が上位モデル、5位が下位モデルです)

価格・仕様面から見ても、平均値のモデルで、みなさん使いやすいものとなっております。

2023年には廃盤モデルとなっておりまして、後継品が出ております。

以下、後継品です。

GENTOS / HLP-2103の後継品 「HLP-2303」

  • 最大光束   :600lm
  • 最大点灯時間 :8時間
  • 重量     :190g
  • 保護等級   :IP64
  • 電源タイプ  :ハイブリッドタイプ(乾電池・専用充電池どちらでも使用可)
  • 照射距離   :142m

後継モデルだけあって、最大光束・最大点灯時間がアップグレードしております。

照射距離だけ短くなっているので、気になる方は要チェック。

金額はこちらの方が安いので、断然オススメです!

LEDLENSER / H8R まひろ一押し

  • 最大光束   :600lm
  • 最大点灯時間 :10時間
  • 重量     :158g
  • 保護等級   :IP54以上
  • 電源タイプ  :専用リチウム
  • 照射距離   :150m

これだけジェントスを推しておきながら、私はこれを使っています!

選んだ理由はスペックはもちろんですが、

上のバンドがないのと、色が気に入ったからです。(上のバンドが無い方が個人的にはカッコ良いと思っています。)

公式サイトによると残念ながら、生産終了してしまいました。

ECサイトでまだ在庫があるっぽいですね。

念の為、代替え機種はこちら。スペックとしては、H8Rとほぼ同じか、やや上です。

個人的には、上のバンドがあるのが気になる……

  • 最大光束   :1000lm
  • 最大点灯時間 :4時間
  • 重量     :259g
  • 保護等級   :IP67以上
  • 電源タイプ  :専用リチウム
  • 照射距離   :250m

GENTOS / GT-392D 価格重視な方へ

  • 最大光束   :440lm
  • 最大点灯時間 :8時間
  • 重量     :207g
  • 保護等級   :IP64
  • 電源タイプ  :単三電池 × 3本
  • 照射距離   :108m

照射距離が、他モデルより少し短いです。

屋内使用や、長距離までの照射が必要なければ問題ありません。

また、エネループや充電式エボルタでの使用も可能です!

乾電池を別で用意する必要があります。その分本体価格は安いです!

エネループ

エボルタ

GENTOS / HLP-2104 スペック重視な方へ

ヘッドライト
  • 最大光束   :700lm
  • 最大点灯時間 :8時間
  • 重量     :353g
  • 保護等級   :IP64
  • 電源タイプ  :ハイブリッド
  • 照射距離   :271m

ベスト1で紹介した「HLP-2103」の上位モデルです。

スペックは全て上昇します。上位モデルになる割に、価格がそこまで上がりません。

1点気になるのは、重さが約2倍となってしまう点。

少しでも軽い方が良い場合は、「HLP-2103」

重さを気にせず、少しでも性能が良い方が希望の場合は、「HLP-2104」を選ぶのが良いです。

1位の「HLP-2103」と同様に、2023年には廃盤モデルとなっておりまして、後継品が出ております!

以下、後継品です。

GENTOS / HLP-2104の後継品 「HLP-2304」

  • 最大光束   :750lm
  • 最大点灯時間 :10時間
  • 重量     :353g
  • 保護等級   :IP64
  • 電源タイプ  :ハイブリッド
  • 照射距離   :162m

1位の機種同様に、最大光束・最大点灯時間がアップグレードしております。

同じく、照射距離が短くなっているので、気になる方はチェックです。

金額が1.7倍になっているのが残念ポイント。

GENTOS / HLP-2102 う~ん……。

  • 最大光束   :400lm
  • 最大点灯時間 :8時間
  • 重量     :221g前後
  • 保護等級   :IP64
  • 電源タイプ  :単三電池 × 3本
  • 照射距離   :180m

先に挙げた、1位と4位のモデルの下位モデル。

電源タイプが他モデルとは違い、“単三電池のみ”なので注意。

乾電池派の方や、少しでも価格を抑えたい方向け!

GENTOS / HLP-2102の後継品 「HLP-2302」

  • 最大光束   :520lm
  • 最大点灯時間 :8時間
  • 重量     :223g
  • 保護等級   :IP64
  • 電源タイプ  :単三電池 × 3本
  • 照射距離   :147m

1位の後継機種「HLP-2303」と比べると、定価は安いのですが、現在における(2023.7月時)購入金額はほぼ同じです。

「HLP-2303」の方が、スペックが高いので、あえてこちらを選ぶ理由はないですね。

GENTOS GH-118R IP性能重視な方へ

  • 最大光束   :650lm
  • 最大点灯時間 :10時間
  • 重量     :243g
  • 保護等級   :IP66
  • 電源タイプ  :専用リチウム
  • 照射距離   :80m

このモデルの圧倒的長所は、防水レベルです!。

IP64性能が多い中、このモデルはIP66性能を持っています。

  • IP64の防水レベル:あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない。
  • IP66の防水レベル:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない。

天候が悪い時期、水や湿気による影響が多い現場などはIP性能を上げておくと良いですね!!

【まとめ】最強のヘッドライトは「HLP-2303」がおすすめ!

結論!

1台買うなら、販売ランキング1位のジェントス「HLP-2303」(HLP-2103の後継機種)がおすすめです!

ここまで見てきて、スペックと金額のバランスが一番良いかと思います。

スペックが良いのに安い!ここに尽きます!

自分で探す場合は、ヘッドライトを選ぶ際の6つのポイントと、作業環境にあったものを見つけましょう。

余談ですが、「後部認識灯」も現場作業では重要なのかもしれません。

後ろ側が光るやつです!

今回紹介した製品で言うと、ジェントス製品は全て「後部認識灯」が付いています。

また、もし不明な点があればお問い合せからDMください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA