【墜落制止用器具 労務局に確認!】2m以上の柱上作業でフルハーネス型を推奨しているのは、「標準的な使用条件」とは違うからです!

アイキャッチ

こんにちは! まひろでーす!

北海道の冬はまだまだ寒いですが、いかがお過ごしでしょうか。

1月2日からフルハーネスの着用義務化になり、1ヵ月経ちましたね。

既に使用している方、これから準備を始める方、様々かと思います。

それに伴い、色々お問い合わせを頂いており、勉強して回答してを繰り返しながら、日々を過ごしています。

そんな中、疑問点が出てきました!

今回はその疑問点について共有したいと思います。

さっそく、いってみましょう。

2m以上の柱上作業でフルハーネスを推奨して良いんだろうか?

疑問に思った点はこちら。⇩

厚労省が出しているリーフレットの中で、

柱上作業等の場合は2m以上の箇所では、フルハーネス型が推奨されます。

とあります。(5ページの真ん中くらいに記載)

あれ?

フルハーネス型の落下距離は、標準的な条件で使用すると、4.5mになってしまいますよね !?

と、いうことは、

“もし柱上作業が2m地点の場合、地面に到達してしまう!”

ということになりませんか?

それなのに、フルハーネスを推奨してしまって良いの?

と、疑問に思ったので、改めて調べてみました。

リーフレット内に、「不明な点は、お近くの都道府県労働局にお問い合わせください。」と記載を発見しました。

これは…

聞いてみるしかない!

ということで、さっそく北海道労働局に電話して、聞いてみました。

労働局に確認した結果、「フルハーネス型」推奨で間違いない!

労働局に詳しく教えてもらいました!

フルハーネス型を推奨している理由はこちらです。⇩

  1. 胴ベルト型だと、墜落時に身体へのダメージが大きいから。
  2. 柱上作業はフックを頭上に取り付けられるから。

理由1.  胴ベルト型だと、墜落時に身体へのダメージが大きいから。

今回の政令改正の背景として、

万一の落下時に胴ベルト型だと、墜落時に内蔵の損傷や胸部圧迫等による危険性があります。

その為、肩・腿・腰で保持するフルハーネス型が、そもそも採用されています。

理由2.  柱上作業はフックを頭上に取り付けられるから。

ワークポジショニング作業を伴う柱上作業の場合は、頭上に構造物が存在し、フックを頭上に取り付けられる為。

要するに…

標準的な使用条件下での使用にあたらない!

ということですね。

「標準的な作業」と「柱上作業」の、それぞれの使用条件を確認してみましょう!

柱上作業は、標準的な使用条件下での使用にあたらない。

ということで、それぞれの使用条件を確認してみましょう!

標準的な使用条件

  • (a) フルハーネスのフックを取り付ける高さ:0.85m
  • (b) ランヤードとフルハーネスを接続する環の高さ:1.45m
  • (c) ランヤードの長さ:1.7m
  • (d=d1+d2 と内訳します)
  • (d1)ショックアブソーバ(第一種)の伸びの最大値:1.2m
  • (d2) フルハーネス等の伸び:1m

自由落下距離A=2.3m

落下距離B=4.5m

柱上作業の使用条件

柱上作業はフックを頭上に取り付けられる、ということで、およそ2.0mと仮定します。

  • (a) フルハーネスのフックを取り付ける高さ:2.0m
  • (b) ランヤードとフルハーネスを接続する環の高さ:1.45m
  • (c) ランヤードの長さ:1.7m
  • (d=d1+d2 と内訳します)
  • (d1)ショックアブソーバ(第一種)の伸びの最大値:<1.2m
  • (d2) フルハーネス等の伸び:<1m

自由落下距離A=1.7+(1.45-2.0)=1.15

落下距離B=1.15+(d1<1.2)+(d2<1.0)

同じ質量の物が自由落下する際、自由落下距離が短い方が、ショックアブソーバやフルハーネス等にかかる衝撃も小さくなるので、dの伸びも短くすることができます。

標準的な使用条件では、

自由落下距離A=2.3mに対して、

d=1.2+1.0=2.2mになります。

一方、

柱上作業の使用条件では、

自由落下距離A=1.15mに対して、

d<2.2mになります。

具体的な数値は提示できませんが、労働局の方もdが短くなるという説明はしてくれました。

(自由落下距離が半分の距離になると、かかる衝撃は半分になるのかな?物理とか詳しい人に聞いてみたい。衝撃が小さくなるイメージはつきますよね?)

地上から2~4mの高さは、「ランヤードを回し掛け」して使います。

配電工事をしているお客様に、実際の作業はどのように行っているかを、聞いてみました!

地面から、2mから4m付近の柱上作業では、ランヤードを回し掛けしています。

これは、ランヤードの長さを短くすることで、落下距離が短くなる為です。

ランヤード回し掛け ⇩

ランヤードの回し掛け

ランヤードを回し掛けすると、長さを「0.9m」短くすることができる!

ランヤード(1.7mの場合)を足場ボルトに掛けた場合、ランヤードの長さはそのままの、1.7mになります。

次に、ランヤード(1.7mの場合)を回し掛けした場合、ランヤードの長さは0.8mになりました。⇩

ランヤードの長さ
ランヤードの長さ
ランヤードの長さ

ランヤードを回し掛けした際、ランヤードは0.9mも短くなります!

1番下の足場ボルトから電柱番号札の間は、「ランヤード回し掛け」

コンクリート柱

一番下の足場ボルトから電柱番号札の高さ、地上から2~4mの高さでは、ランヤードを回し掛けして使用します。

一番下の足場ボルトは、地上から2m以上、

電柱番号札は地上から4m位置、

とそれぞれ決まりがあります!

わかりやすい高さの目安があるので、運用しやすいですよね!

(地区によって、設置している高さに多少の違いがあるかもしれません。)

電柱表示札より高い場所は、支持物にランヤードのフックを掛けて作業します。

その際、フックを掛ける位置は、できる限り高い位置にしています。

まとめ:柱上作業でフルハーネス型を使う際の注意すべきこと!

今回は、2m以上の柱上作業で、フルハーネス型を推奨している訳を調べてみました。

柱上作業時の注意点!

・フックの取り付け位置を、できる限り高い位置にすること。

・ランヤードを回し掛けしたり、できるだけ短くすること。

・作業環境にあった、墜落制止用器具を選定すること。

などの対策をして、

「地面との距離 > 落下距離」の状態で作業することが重要です!

少しでも参考になれば幸いです。

また、もし不明な点があればお問い合せからご連絡ください。

それでは、ご安全に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA