【悪天候対策!】大事な計測器や工具を雨から守る。“2021年に1番売れた”防水バックをご紹介。

商品ロゴ

・突然の雨に打たれて~♪ってことありますよね?
・急な悪天候から、濡らしてはいけない、道具や工具を守るのはコレがオススメ。

突然 -FIELD OF VIEW –

めっちゃ懐かしい。

ポカリスエットのCMを思い出します。

ZARDが作詞しているんですよね !?

小学生 !?くらいだったのにすごい覚えています。名曲です。

 

だいぶ脱線したところから始まりましたが、

屋外作業に、悪天候は付き物ですよね。

先日、私も急な雨で外に出しておいた工具や荷物を

急いで車の中にしまいました。

 

特に計測器や精密機器など、濡れちゃいけないものってありますよね。

そんな時におすすめの防水バックがあるんです。

電材商社勤務の私がオススメする、2021年、一番売れた防水バックをご紹介します。

防水バック「ZAT10」

防水バック10リットル

ザっと水で洗えるから、ZATなのでしょう。

名前も覚えやすくて良いですよね。

だいぶ使い込まれてる感が出ちゃってるけど、大目に見てください。

普段使っているので新品ではないです。

 

3つ特徴を紹介します。

  • 縫い目が無い、無縫製構造。
  • 防水素材
  • 丸洗いOK。

結局、1番大事なのって防水レベルですよね?

ということで、防水レベル実験してみました。

バックの中に水を入れて、漏れを確かめてみます。

漏れなければ、逆に水は浸入しないということです。

 

いざ、オープン。

防水バック10リットル

水をどんどん入れていきます。 ⇩

防水バック10リットルに水を入れました

溜まりました。

水面がわかりやすいように、光るおもちゃを入れてみました。

全然漏れません。

防水レベルばっちりです。

防水バック10リットル

表面についている水滴は漏れた訳ではなく、シャワーが若干かかりました。

表面の水滴も弾いているのがわかるかと思います。

4色展開がうれしい。

色々防水バックがある中、なぜこれが一番売れたかというと、

実は…。

黒の防水バック10リットルグレーの防水バック10リットル

カーキの防水バック10リットル黄色の防水バック10リットル

  • ブラック
  • グレイ
  • カーキ
  • イエロー

の、4色展開なんです。

外線工事屋さんだと、一班5人が×何班かあります。

班ごとに色分けし、どの班の持ち物かわかるようにするんですね。

 

色分けって結構重要!

昔、災害復旧にお客様が行かれた時に、物資を送ったんですよ。

その際、中身がわかりやすいように、段ボールのテープを色分けして、区別がつきやすいようにしたことがありました。

見た目でパッとわかる。って大事なんだなぁと実感しました。

多用途でコスパよし。

仕事以外でも使用しており、ジムで汗をかいたウェアやタオルをそのまま入れて持って帰るのに使っています。

家に着いたら、中身は洗濯器に投入し、バックはお風呂で水洗いしています。

 

以前はビニール袋にいれて持ち帰っていたんですが、ボロボロになるし、

それをリュックには入れたくないし、結局手で持って帰ることになるんですけど…

嫌ですよね?汗が漏れそうだし…。

 

という理由から、ZATに入れて持って帰ると、見た目も良いし、汗で濡れたウェアも漏れないし、使い勝手が良い訳ですよ。

容量も10リットルと個人的には満足しています。

 

ちなみに…

24リットルのリュック型もあり、そちらも持ってます。

防水バック24リットル

防水バック24リットル

私は10リットルの方が良く使いますが。

まとめ

急な悪天候から大事なものを守る、その名も「ZAT」

ぜひ試してみてください。

ご購入は普段お付き合いのある電材商社さんや

こちらから購入できますよ。

created by Rinker
MORITO(モリト)
¥2,164
(2023/03/25 09:55:13時点 Amazon調べ-詳細)

また、もし不明な点があればお問い合せからご連絡ください。

それでは、ご安全に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA